『アシュタンガヨガと健康生活』

アシュタンガヨガ を習慣としながら、日々の生活、旅行の記憶を記録していくブログです。

121回目 宅練

今日で練習連続12回目。

昨日は帰宅後食事をしてから練習を行った為、マリーチC、Dを抜かしての練習。

お腹が膨らんでいると捻り系は深めのポーズがしずらい。

そもそも食事の後時間を空けたとしても練習を行うのは絶対良くない。

だけれど、完全に習慣化できてしまっているので練習しないと身体が気持ち悪くなってしまう為練習を行った。

 

今日は夕方から練習。

昼間の食事はヨーグルト・キュウイ・チョコレートのみの為、ほぼ空腹の状態での練習。

いつもは飛ばすフィニッシングのシルシャーサナも行う。

久しぶりに行った為、結構ぐらついた。

ウールドア・ダヌラーサナが安定してきた。

無理は禁物なのでマイペースに前進していく。

そろそろスタジオに通わなければ。

 

アシュタンガヨガ 121/152回目。

小麦抜き連続38日目、断酒連続33日目。

119回目 小麦とか玄米とか

wedサイトで小麦の害について調べてみると様々な情報が掲載されている。

 

→現在収穫されている小麦は、20世紀後半に遺伝子研究によって形質転換されたもの。

など書かれているが、もともと野生種の小麦は人類の祖先が採集生活をしているうちに変異していったと、以前本に書かれていたのを読んだことがあるので、あまり問題ではないと考える。(銃・病原菌・鉄)

むしろ自分が小麦を食べるのを止めたことで実感した事の方が大事。

 

最近舌が食べ物に敏感になった。

ほぼ毎日玄米中心の粗食生活をしていて、今日チョコレートを食べたらとても甘く感じた。

これまでのお菓子食べ過ぎ生活からガラリと変更したので変化の感度が大きい。

初心者で始めたの頃のヨガのように。

今日も習慣を継続できたので満足。

 

アシュタンガヨガ 119/150回目。

小麦抜き連続36日目、断酒連続31日目。

 

 

118回目 小麦抜き

本日アシュタンガヨガ 118/149回目。

GWから小麦抜き、断酒の生活を実施中。

主食は玄米+白米+雑穀米。

今日で小麦抜き連続35日目、断酒連続30日目。

お通じの調子が良いのと思考がクリアになってきた気がする。

 

コンビニやミニスーパーに行くと大体の食品に小麦が使用されている為、

食べる物を選ぶのに時間が掛かる。

選ぶというより選択の種類があまりないので決断。

最近は間食にバナナ・ヨーグルト・ナッツ類の場合が多い。

普段ならお菓子に手を伸ばしてしまい、食べて後悔するパターンだけれど、

この制限ならばお菓子に手を伸ばさずに済み、更に普段食べようとしない食品などに

意識が向いていく為とても良い。

グルテンフリーとかあまり意識してこなかったけれど、

小麦自体を食べなくなったので自然とグルテンフリー。

断酒の効果もあり休日の時間の余裕が大幅に増えた。

 

今後はこの時間をどう生かすかが課題。

 

 

104回目

同じ場所で同じ練習を毎日していると日々の体ぼ変化に敏感になってくる。

今日の体の調子はとても良い。

が、多少睡眠不足なのか連休明けで本調子でないのかとても眠い。

自撮りで動画撮影してポーズをチェックしてみる。

スプタクルマーサナ無理なく手繋げてほんの少し足組めた。

秋までに完成させたい。

103回目 

5/7バンコク経由で帰国後、5/8から仕事の日々へ。

まだ本調子ではない職場で仕事をこなし、余った体力で今まで通りの仕事後のセルフプラクティス。

ウブドでは

起床→スタジオへ移動→練習

の日々で一週間を過ごしたが、

仕事(昼休みに多少ヨガ)→シャワー→練習→食事

の生活に戻り、シャワー後の練習の為か身体がとても開いている感じを実感。

パールシュヴァコーナーサナ時、手のひらを着けるのがやっとだったのが問題なく着いた。

右捻りと左捻りでは圧倒的に左捻りの方が身体が開いているし、前屈でも左足の方が開いているのを感じる。

恐らくこれまでの自身の姿勢が原因。

 

普段パンなどの小麦製品を常に消費する生活をしていたが、

ウブドで小麦を一切食べなかったおかげで小麦を遠ざける習慣が出来てきた。

頭が常にクリアになっている気がする。

ただ甘い菓子の誘惑に負け本日チョコレートを解禁。

玄米・野菜中心の生活をベースにしていこう。

 

 

 

 

 

 

 

バリ島 アシュタンガヨガ〜ウブド4〜

 5:30起床。朝から土砂降りのスコール。

バリ島の雨は一期に降ってパタリと止むような事が多かったのでホステル入り口で止むのを待つ。

予想通りすぐに雨は止んだ為にスタジオへ向かう。

朝起きてすぐにスタジオに行くいう習慣がない為、このまま行かずに今日は寝てしまおうか。

という誘惑に襲われるが、考えるより先に体を動かし誘惑を逃れた。

 

今日はseed of lifeでのマイソールクラス。

先日のLEDクラスではIain Grysak先生のみでカウントを行なっていたが、この日はもう一人の先生も加わってクラスをしていた。

風邪が多少悪化しているのを感じつつポーズをとっていく。

普段仕事後の夜練が身についている為、朝にとるポーズはまだ体が硬いと感じる。

ここでもいつもより多めの太陽礼拝(それでもA3回・B3回)を行い徐々に体が開いていくのを感じる。

基本ほぼ見守るスタイルだったが、プラサリータパドッタナーサナC

とスプタクルマーサナ時にアジャストをしていただく。

スプタクルマーサナは腰で手を掴めるようにはなったが、脚を自力で組む事が不可。

アジャストで組む事に成功。

まだまだ完成に時間が掛かりそうなポーズ。

ガルバビンダーサナに進むように進められたが、東京のスタジオに今度行った時にしようと感じ。断る。

Iain Grysak先生もそれでいいよ〜という感じだった。

 

エンディングシークエンスを行いスカアサナ。

ウブドに来て最大に充実した練習だった。

練習前〜練習後までに朝日が昇ってくるシュチエーション、鶏の鳴き声スタジオに雰囲気など最高だった。

ウブドは長期で一ヶ月くらいいたら最高だろうな、あとは物価面での節約方法を身につければ。

 

ホステルへと戻り、カタコト英語で話したフランス女人に

「あなたはいつまでここ(バリ島)にいるの?」と聞かれ、

「一週間」と答えると

「え?なんでそんな短い滞在なの?」と聞き返された。

「日本人は休みが少ない」

と答えたが休みの長いフランス人は長期滞在が当たり前なのか。

長期滞在をするにはどうすればいいかと考える。

 

 

 

 

 ウブドまたいつか。

 

バリ島 アシュタンガヨガ〜ウブド3〜

この日は7:00起き。

風邪で多少喉が痛む中スタジオへ向かう。

5/5はムーンデーだった為、seed of lifeのマイソールクラスは休み。

ウブドにはスタジオが沢山あった為、インターネットでアシュタンガヨガで検索した結果発見。

向かったスタジオはUSADA YOGA というスタジオで本日LEDクラスとのこと。

建物は1階がカフェになっていて2階がヨガ 教室、seed of lifeと同じ。

8:00からのレッドクラス、ウブドのこの時期の気温は朝は少し暑さが和らぐ。

 

f:id:wa-ku:20190507130214p:image

f:id:wa-ku:20190507130220p:image

 

先生はChineseのthony先生。

生徒が2人だったので入念にポーズを見て頂き、

特にクルマーサナ〜スプタクルマーサナを念入りにチェックして頂いた。

過ごし易い環境でのアサナは自然に体がリラックスして開いていく。

自宅で同じ場所でセルフプラクティスを毎日コツコツ行なっていると日々のポーズの進展度と深さを感じる事ができるが、場所と先生を変えながら行なっていくと外の刺激が多すぎるせいか感じるセンサーが働かなくなる感じがする。

アジャスト多めにしていただきました。

 

帰り道、朝飯にサラダボールを食し風邪悪化対策の為ホテルで過ごす。