『アシュタンガヨガと健康生活』

アシュタンガヨガ を習慣としながら、日々の生活、旅行の記憶を記録していくブログです。

104回目

同じ場所で同じ練習を毎日していると日々の体ぼ変化に敏感になってくる。

今日の体の調子はとても良い。

が、多少睡眠不足なのか連休明けで本調子でないのかとても眠い。

自撮りで動画撮影してポーズをチェックしてみる。

スプタクルマーサナ無理なく手繋げてほんの少し足組めた。

秋までに完成させたい。

103回目 

5/7バンコク経由で帰国後、5/8から仕事の日々へ。

まだ本調子ではない職場で仕事をこなし、余った体力で今まで通りの仕事後のセルフプラクティス。

ウブドでは

起床→スタジオへ移動→練習

の日々で一週間を過ごしたが、

仕事(昼休みに多少ヨガ)→シャワー→練習→食事

の生活に戻り、シャワー後の練習の為か身体がとても開いている感じを実感。

パールシュヴァコーナーサナ時、手のひらを着けるのがやっとだったのが問題なく着いた。

右捻りと左捻りでは圧倒的に左捻りの方が身体が開いているし、前屈でも左足の方が開いているのを感じる。

恐らくこれまでの自身の姿勢が原因。

 

普段パンなどの小麦製品を常に消費する生活をしていたが、

ウブドで小麦を一切食べなかったおかげで小麦を遠ざける習慣が出来てきた。

頭が常にクリアになっている気がする。

ただ甘い菓子の誘惑に負け本日チョコレートを解禁。

玄米・野菜中心の生活をベースにしていこう。

 

 

 

 

 

 

 

バリ島 アシュタンガヨガ〜ウブド4〜

 5:30起床。朝から土砂降りのスコール。

バリ島の雨は一期に降ってパタリと止むような事が多かったのでホステル入り口で止むのを待つ。

予想通りすぐに雨は止んだ為にスタジオへ向かう。

朝起きてすぐにスタジオに行くいう習慣がない為、このまま行かずに今日は寝てしまおうか。

という誘惑に襲われるが、考えるより先に体を動かし誘惑を逃れた。

 

今日はseed of lifeでのマイソールクラス。

先日のLEDクラスではIain Grysak先生のみでカウントを行なっていたが、この日はもう一人の先生も加わってクラスをしていた。

風邪が多少悪化しているのを感じつつポーズをとっていく。

普段仕事後の夜練が身についている為、朝にとるポーズはまだ体が硬いと感じる。

ここでもいつもより多めの太陽礼拝(それでもA3回・B3回)を行い徐々に体が開いていくのを感じる。

基本ほぼ見守るスタイルだったが、プラサリータパドッタナーサナC

とスプタクルマーサナ時にアジャストをしていただく。

スプタクルマーサナは腰で手を掴めるようにはなったが、脚を自力で組む事が不可。

アジャストで組む事に成功。

まだまだ完成に時間が掛かりそうなポーズ。

ガルバビンダーサナに進むように進められたが、東京のスタジオに今度行った時にしようと感じ。断る。

Iain Grysak先生もそれでいいよ〜という感じだった。

 

エンディングシークエンスを行いスカアサナ。

ウブドに来て最大に充実した練習だった。

練習前〜練習後までに朝日が昇ってくるシュチエーション、鶏の鳴き声スタジオに雰囲気など最高だった。

ウブドは長期で一ヶ月くらいいたら最高だろうな、あとは物価面での節約方法を身につければ。

 

ホステルへと戻り、カタコト英語で話したフランス女人に

「あなたはいつまでここ(バリ島)にいるの?」と聞かれ、

「一週間」と答えると

「え?なんでそんな短い滞在なの?」と聞き返された。

「日本人は休みが少ない」

と答えたが休みの長いフランス人は長期滞在が当たり前なのか。

長期滞在をするにはどうすればいいかと考える。

 

 

 

 

 ウブドまたいつか。

 

バリ島 アシュタンガヨガ〜ウブド3〜

この日は7:00起き。

風邪で多少喉が痛む中スタジオへ向かう。

5/5はムーンデーだった為、seed of lifeのマイソールクラスは休み。

ウブドにはスタジオが沢山あった為、インターネットでアシュタンガヨガで検索した結果発見。

向かったスタジオはUSADA YOGA というスタジオで本日LEDクラスとのこと。

建物は1階がカフェになっていて2階がヨガ 教室、seed of lifeと同じ。

8:00からのレッドクラス、ウブドのこの時期の気温は朝は少し暑さが和らぐ。

 

f:id:wa-ku:20190507130214p:image

f:id:wa-ku:20190507130220p:image

 

先生はChineseのthony先生。

生徒が2人だったので入念にポーズを見て頂き、

特にクルマーサナ〜スプタクルマーサナを念入りにチェックして頂いた。

過ごし易い環境でのアサナは自然に体がリラックスして開いていく。

自宅で同じ場所でセルフプラクティスを毎日コツコツ行なっていると日々のポーズの進展度と深さを感じる事ができるが、場所と先生を変えながら行なっていくと外の刺激が多すぎるせいか感じるセンサーが働かなくなる感じがする。

アジャスト多めにしていただきました。

 

帰り道、朝飯にサラダボールを食し風邪悪化対策の為ホテルで過ごす。

 

 

 

 

 

バリ島 アシュタンガヨガ 〜ウブド2〜

本日も6:30に起床しウブドのスタジオへ。

本日向かったスタジオはRadianty Alive Yoga.

こちらもcafeが併設されている。

Ashtanga Vinyasa,Led classとスケジュールされていた為受けて来た。

Ade Aditanaという先生は年配のおそらくインドネシアの方で、

Tシャツがとても印象的。(写真なし)

スタジオは大きなスタジオがいくつもあり、景観がとても素晴らしい。

練習はスタンディング〜ジャーヌシルシアサナまでを行い、エンディングシークエンスへ。

ここでも太陽礼拝を重点的に行った。

普段の習慣から練習を丁寧に行う事を疎かにしがちであった為、良い機会となった。

 

この日は他にスタジオには行かずカフェの梯子。

どうやらホステルの同じ部屋の欧米人が風邪を引いていてうつった様で調子が悪い。

ケフィアを飲んで早めに就寝。

 

 

 

 

 

バリ島 アシュタンガヨガ 〜ウブド 〜

6:30に起床しウブドのスタジオへ。

本日向かったスタジオはcafeも併設されているseed of life。

先生のIain Grysak先生は厳格なアシュタンギな風格&とても優しい印象。

事前にメールアポイトメントを取りつつ、前日に再度連絡。

この日金曜日はレッドクラスだった為に場所はほぼ満員だったが問題なし。

雰囲気は生徒の方も真剣・互いに尊敬しつつとてもよい雰囲気に包まれていました。

おそらくウブドに移住したら毎日通いたいくらいのスタジオ。

やはり真剣に練習している人の集まるスタジオは良い。

再確認したので通える日は優先的に通う予定。

spaciousyoga.com

練習前↓

 

ちなみに料金はドロップイン RP250000(¥1950-) or USD16 。

練習はというとスプタクルマサナまで。

レッドクラスで練習するのはほぼ一年振りくらいの為、カウントが長く感じる。

太陽礼拝も普段より多め・長めに行なった為充実した練習となった。

開脚を行なって股関節周りを伸ばしたかったが、エンディングシークエンスを行い終了。

明日は土曜日・明後日はムーンデイの休みの為、次は5/6月曜日との事。

練習後の朝食はミックスジュースとペンネカレーを食べる。

ミックスジュースRP30000(¥235-) ペンネカレーRP30000(¥235-)。

「coffee&co ウブド

夜行った時の写真↓

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g297701-d1943034-Reviews-Coffee_and_Co-Ubud_Gianyar_Regency_Bali.html

ここは泊まっているホステルの目の前の店。

上階に心地良い椅子と扇風機がある為、最高に居心地が良い。客の出入りも特に多くなく店員も来ないので毎回長時間長居していた。

 

 

次に向かうのがyoga barn。

ウブドで有名の様でアシュタンガのクラスは存在しなかったが、ウブドに来たので受けることにした。

16:00からのクラスでvinyasa flowというクラス。

料金はPR130000-(¥1015-)

人数はおそらく3・40人くらいいた。

先生はpaul先生という方で長身細身のイケメン。

結果としては物足りない感じで不完全燃焼。

普段練習している練習が常に動いている為だろうか、足首・肩・腕など部分的な動きを前半に行い、後半から全身を動かすダイナミックな動きにシフトしていくスタイル。

時間が90分、来ている個々人のレベルもバラバラであり、それの全体をまとめていくとなるとなると必然的にこうなるのは分かる。

アシュタンガヨガと相対するといかにアシュタンガヨガシステムが効率的なのか感じた。

ただ、施設と環境がとても素晴らしいので練習い参加する価値はあったと思う。

帰る前にもう一度来よう。

 

 

クラス後はyoga barn近くのビーガンビュッフェで食事。

約10種類のビーガンメニューとスープ・グルテンフリーパン・デザート付きで

コスパ最強のRP50000-(¥390)のお店。

ここも毎日通おうかなと思っている。

↓盛り付け汚いが味も種類豊富、コスパ良い

その後は再びcoffee&coにてミックスジュースでまったり&今これを書いている。

なんちゃってヨギー生活は順調。

バリ島 アシュタンガヨガ 〜スミニャック〜

5/1〜5/2

博多からマレーシア・Kuala Lumpurを経由しバリ島へ。

夜着、初のインドネシア・バリ島であった為、不安を抱えつつも無事宿泊先のホステルへ到着。

インドネシア スミニャックのUmahku Seminyak , - Hostelworld.com

 booking.comで事前に予約をしておいたホステル。

海外ホステルは写真と実際行って見た時のギャップがある場合があるが、

今回のホステルは当たりだった模様。

トイレ・シャワールーム等とても綺麗でエアコン効いてて快適。

外のカフェも居心地良く過ごせて宿泊者の多くは欧米からの旅行者でした。

写真は周辺のスーパーなど↓

翌日はスミニャックからウブド へ移動。

その前にseminyakでアシュタンガヨガのマイソールクラスを行なっているスタジオを事前に調べていた為、早起きして向かう。

Seminyak Ashutanga Yoga Shala 

http://seminyakyogashala.com

イレーナ先生は女性の先生で、こちらのスタジオで初めての練習参加でもウェルカムな雰囲気。(主観です)

時間は7:30〜開始

7:30前に着き、すでに数人の方が練習して練習を終える頃には5人くらい。

インドっぽい音楽?がスタジオ中常に響いていて、普段無音で練習している為、違和感ありだったが練習が進むにつれ気にならなくなりました。

この日の混雑状況は不明ですが練習自体は伸び伸びとさせてくて、クルマーサナの際のアジャストがとても印象的。

エンディングシークエンス後、開脚に違和感があり自主練していましたが見守っていてくれた。

数日間の移動でほぼ練習していなかった体がカチコチ、

久しぶりのスタジオ練習に満足。

2日ぶりの練習で体が少し元に戻った。

 

Seminyak Ashutanga Yoga Shala 場所↓

明日はウブド に移動した為こちらのスタジオを巡る予定。

印象としてはヴェジタリア・ヴィーガン料理の店が多い。

物価は観光地?の為なのか外国人向けの店はそれなりの価格。

おそらく日本の物価より少し低いくらいな印象。

この日の昼食はヴェジタリアンビュッフェでRP60000-。

場所はクラクラバスARAYA HOTEL前降車して目の前のお店。

日本円¥1=RP126-くらいなので¥500-くらい?

 

せっかくなので食生活改善とヴィーガン生活に挑戦。