二日目 チェンマイへ

起床。

すぐさま両替を行い、宿の代金を支払う。

デジポットで預けていた100ドルを返金してもらい一安心する。

今日の予定は、カオサン通りへ行く事とバンコク市内の散歩、22時からチェンマイ行きの寝台列車に乗車すること。

まずはカオサン。

チャオプラヤーエクスプレスという水上バスが便利ということで利用する事に。

BTS サパーンタクシン駅(Saphan Taksin)から乗船しPhra Arthit(プラ・アーティット)船着場まで行くとほぼ到着。

所要時間は30分前後で50パーツ。価格としてはまあまあ。

f:id:wa-ku:20180831230002j:image

カオサンの印象は特にこれといった印象もなかった。今から15年〜20年前の姿を想像してみた。

パックパッカーの聖地と言われていた頃の印象はほぼ消えていたが建物自体は古い物が使われており当時のままなのだろう。

その頃に書かれた書籍や人などから話を聞きとても興奮した事を覚えているが今は、時代と人が変化したのか。

 

その後、ワットポーという寺院に行く。

f:id:wa-ku:20180831230532j:imagef:id:wa-ku:20180831230557j:imagef:id:wa-ku:20180831230612j:image

寺院の敷地内の像がヨガのポーズをとっているのに驚いた。

タイの先人達は昔からヨガを行っていたということだろうと解釈。

豊かに生きる為の知恵。

 

ワットポーからバンコク駅まで強烈な日差しの中歩いて移動し電車待ち。途中バンコク内の市場を通過して生々しいバンコクの生活を垣間見る事が出来たように思えた。

f:id:wa-ku:20180831231237j:imagef:id:wa-ku:20180831231058j:image

 

寝台列車の居心地は良い感じ。

上段はあまり良くないとネット情報に記載されていたが快適に過ごせた。

明日はチェンマイ